外反母趾









ちょっと恥ずかしいのですが、左の写
真は「健康靴」を履いたときの私の足の
状態です。足が無理なく靴の中に収まっ
ていると思いませんか? ところで、
「足」の指はどうして5本の指に分かれ
ているのでしょうか?それは逆立ちをし
た時の「手」で考えてみてください。逆
立ちをした時、誰でも手の指を大きく広
げて体を支えようとします。指を広げて
指先に力を込めて手首を支え、バランス
をとります。では、「手」を「足」に置
き換えて、あなたが立っている姿を想像
してみてください。




足裏には、3つのアーチと呼ばれる弓
形のカーブがあります。カカトから親指
の付け根を通る@の足の内側の縦アー
チ。カカトから小指の付け根を通るAの
足の外側の縦アーチ。そして親指の付け
根と小指の付け根を通るBの足の横アー
チです。アーチは板バネのように作用し
て、足に掛かる力を吸収、分散させるク
ッションになっています。ですから、な
んらかの原因で足のアーチ構造が崩れて
しまうと、クッションの効きが悪くな
り、荷重のバランスが変わって、足に負
担が掛かかるのです。




左は健康な足のイラストです。親指
は、中足骨と呼ばれる指のおおもとの骨
と指骨と呼ばれる指先の骨とが一直線上
にきれいに並んでいます。その下の足先
から見た横のアーチを示す図を見てくだ
さい。指の付け根の骨を表わすイラスト
の親指と小指以外の付け根の骨が弓なり
に浮いているのが分かると思います。赤
色の矢印は、健康な足指の付け根に掛か
る荷重を示しています。この足の横アー
チが崩れて低下すると、様々な足のトラ
ブルを引き起こします。




左のイラストは開張足(かいちょうそ
く)の進行過程です。開張足とは、足の
横アーチが崩れて、中足骨(ちゅうそつ
こつ)と呼ばれる足指の骨と骨との間隔
が拡がり、ちょうど扇を広げて開いた状
態の足のことです。「最近、足の巾が広
くなって、スマートな靴が履けない。」
などと思っているあなた。ひょっとした
ら、開張足が進行しているかも知れませ
ん。下の横アーチを示す図を上のそれと
比べて見て下さい。アーチが崩れ、低下
していくのが分かると思います。赤色の
矢印が示す足指の付け根に掛かる荷重も
変化しています。




左のイラストはパンプスの中に閉じ込
められた足の状態です。開張足になった
足は親指と小指の付け根の間隔が広がり
ますが、指先は靴先の細いデティールに
押されて狭く閉じ込められています。つ
まり、指の付け根と指先が正反対の関係
になっています。指の付け根は広がる方
向に、指先は狭まる方向に、という相反
する力の作用で、足の変形が始まるので
す。これが、外反母趾になりやすい靴の
メカニズムです。ですから、巾だけが広
く、つま先がスマートな靴を選ぶと、外
反母趾は悪化することになるのです。




これは外反母趾の足のイラストです。
親指のおおもとの骨と指先の骨が、足指
のつけ根を境に大きな角度を作っていま
す。こうなると親指が2番目の指の下に
潜り込んだり、上に乗ったりして、様々
なトラブルに悩まされます。また、横の
アーチが崩れて低下したことで、足裏の
2番目や3番目の指の付け根に荷重が掛
かって、タコや筋状の角質ができたり、
足指にピリピリと痺れたような痛みを感
じたりします。従って、低下した横アー
チを支えなければ、症状はどんどん悪化
します。さらに、指先を開放して足指の
動きを促すような靴に替えることも重要
です。




さて、あらためて「健康靴」と足の状
態を比較してみて下さい。靴先から足先
までに、青い線で示した空間がありま
す。これは「余裕寸」と言い、足指の動
きを妨げないための、必要な空間です。
この「余裕寸」を、歩行時に確保するた
めに、ヒモやベルトで足を固定する必要
があります。家や保育園、幼稚園や学校
の中で靴を履かないという「日本の生活
習慣」が、靴の着脱を急がせ、「正しい
靴の履き方」が定着しない現状がありま
す。足の健康を守るために、「正しい靴
の履き方」が生活習慣となるようにした
いものです。
女性のファッションには欠かせること
ができない「おしゃれ靴」の代表格と言
えばパンプスです。ところが残念なこと
に、「足の健康」にとってはリスクの高
い靴なのです。たとえば、体の健康にと
ってリスクのあるタバコと同様に、その
事実を認めて過度なリスクを負わないよ
うに注意することが重要です。左の図を
見てお分かりのように、つま先がシャー
プな形状よりも、足の自然な形に近い形
状の方が、足指の変形に対して優しいの
です。また、ヒールで踵を持ち上げた不
自然な姿勢が、骨盤の歪みや、腰痛の原
因になります。





































        






有限会社ロビンフット
神奈川県横浜市緑区長津田4−2−17
045-989-4807

Copyright(C)2009 RobinFoot Nagatsuta.All Rights Reserved.