扁平足






足裏には、3つのアーチと呼ばれる弓
形のカーブがあります。

カカトから親指の付け根を通る@の足の内
側の縦アーチ。カカトから小指の付け根を
通るAの足の外側の縦アーチ。そして親
指の付け根と小指の付け根を通るBの足
の横アーチです。

アーチはそれぞれ板バネのように作用し
て、足に掛かる力を吸収、分散させるクッ
ションになっています。ですから、なんらか
の原因で足のアーチ構造が崩れてしまう
と、クッションの効きが悪くなり、荷重のバ
ランスが変わって、足に思わぬ負担が掛
かかるのです。





健康な足であれば、カカトの骨は水平
な床とほぼ垂直に、まっすぐ立ちます。足
の内側の縦アーチ(いわゆる土踏まず)も
荷重に耐えて空間を保持しています。

足に備わった最も大きなクッションが機能
することによって、歩いても疲れにくい足を
保つことができます。

また、歩くことで筋肉が働き、「足は第二の
心臓」と言われるポンプ活動をています。
ところが「扁平足」になると、その機能が低
下して、足がむくみ易くなるのです。

ちょっと歩いただけで息切れしたり、足が
重く感じたりするのです。





左の図では、カカトの骨がまっすぐでは
なく、体の中心から見て外側に傾いていま
す。このような状態を踵骨(しょうこつ)の
外反(がいはん)と呼びます。

踵骨が外反すると、体重のかかった両足
は、体の内側に倒れ込むようになり、足の
内側の縦アーチを低下させてしまいます。
親指側に過度な負担がかかり、小指側が
浮き上がるような状態になるのです。

足の一番大きなクッション機能が失われ、
歩くとすぐに疲れます。

最近では子供達の足に、この状態が多く
見られます。

踵が外反して扁平足になるので、外反扁
平足と言います。





実際の足の写真で見てみましょう。
床から垂直に引いた2本の赤い点線に対
して、アキレス腱からカカトに引いた青線
が中心から外側に向かっています。足は
体の中心に向かって倒れ込みます(赤い矢
印)。

足に体重がかかれば、足の親指側に負担
がかかり、足の内側の縦アーチを低下さ
せてしまいます。足の内側が床や靴底に
強く接し、小指側が浮き上がるようになり
ます。ひどい場合は内くるぶしの下が腫れ
て痛みだします。





外反扁平足では両足の内側に体重が
掛かることで、脚が体の中心に傾斜して、
膝と膝とがぶつかるX脚になりやすい傾向
があります。

つま先も体の中心に向かいやすく、いわゆ
る内股になることが多いので、歩いたり走
ったりしているうちに、両足のつま先や膝
同士がぶつかり合って、ころんでしまうこと
もあります。

X脚が強くなると膝の外側に体重がかかる
ので、膝の外側が痛くなることがあります。





左の図のように靴の履き口(トップライ
ン)が内側に歪んでいる場合は、外反扁平
足である可能性があります。

足が内側に倒れ込み、足の内側の縦アー
チが低下して、足の内側が靴底に強く接
し、靴の内側を圧迫し続け、とうとう靴を型
崩れさせてしまったのです。
ショット・オーソティック(足底板)と足の
写真です。

カカトが包みこまれ、内側の縦アーチがし
っかり支えられています。

適切なインソールで足を支えて歩けば、足
のクッション機能や筋力の働きを促し、足
首や膝が安定して、長時間歩いても疲れ
にくくなるのです。

歩くのが楽になれば、歩く意欲が沸いてき
ます。無理なく歩くことで足の筋力がますま
す鍛錬され、足が本来の機能を取り戻し、
足がむくみにくくなったり、疲労感が軽減さ
れて活力が甦ります。





無料アクセス解析

有限会社ロビンフット
神奈川県横浜市緑区長津田4−2−17
045-989-4807

Copyright(C)2009 RobinFoot Nagatsuta.All Rights Reserved.