足底腱膜炎   踵骨棘






足裏には、3つのアーチと呼ばれる弓
形のカーブがあります。

カカトから親指の付け根を通る@の足の
内側の縦アーチ。カカトから小指の付け根
を通るAの足の外側の縦アーチ。そして
親指の付け根と小指の付け根を通るBの
足の横アーチです。

アーチはそれぞれ板バネのように作用し
て、足に掛かる力を吸収、分散させるクッ
ションになっています。ところが、足のアー
チ構造が崩れて機能しなくなると、クッショ
ン機能が低下したり、荷重バランスが変わ
って、足に思わぬ負担が掛かかります。

足底腱膜炎や踵骨棘の原因も、アーチ構
造と無関係ではありません。





急激に体重が増えたり、激しい運動を
続けると、足のアーチに大きな負荷が掛
かるようになり、アーチを低下させる原因
になります。

そのうえに踵骨外反が組み合わさると、縦
アーチへの負担はさらに強くなり、足底筋
が無理に引き伸ばされるような状態になり
ます。やがて、足底腱膜が炎症を起こした
り、足底筋の付着部である踵の骨が棘(と
げ)のように変形して踵骨棘(しょうこつきょ
く)となるのです。





足の縦アーチが高すぎるハイアーチの
場合、もともと足底筋が縮んだままの状態
なので、運動量が多くなったり、体重が急
激にふえれば、足底筋にすぐに無理な力
が掛かります。

しだいに足の裏がつったような痛みを感じ
ます。

底が極端に柔らかい靴で足に強い負荷を
掛ける運動をしたり、ヒールが高すぎるパ
ンプスを履いて、足底筋が無理に伸ばさ
れ「足の裏が痛い!」というケースも多い
のです。





左が踵骨棘のレントゲン写真です。丸
で囲んだ所に見られるように、踵骨と足底
筋の付着部に沿うように骨が棘となって前
足部に向かって突き出しています。

針を刺したような強い痛みを伴うのが踵骨
棘の特徴です。
足の裏には、様々な筋肉や腱、靭帯が
あり、特に足の縦アーチを構成している足
底筋や腱膜などの部位が、過剰に引き伸
ばされて炎症を起こすと、足底腱膜炎とな
るのです。





無料アクセス解析

有限会社ロビンフット
神奈川県横浜市緑区長津田4−2−17
045-989-4807

Copyright(C)2009 RobinFoot Nagatsuta.All Rights Reserved.