ハイアーチ






足裏には、3つのアーチと呼ばれる弓
形のカーブがあります。

カカトから親指の付け根を通る@の足の
内側の縦アーチ。カカトから小指の付け根
を通るAの足の外側の縦アーチ。そして
親指の付け根と小指の付け根を通るBの
足の横アーチです。

アーチはそれぞれ板バネのように作用し
て、足に掛かる力を吸収、分散させるクッ
ションになっています。ところが、足のアー
チ構造が崩れて機能しなくなると、クッショ
ン機能が低下したり、荷重バランスが変わ
って、足に思わぬ負担が掛かかります。






右が健康な足とフットプリント、左がハ
イアーチの足とフットプリントです。

ハイアーチはその名の通り、足の縦アー
チが高く盛り上がっています。板バネに例
えれば、湾曲が強く、しなやかさに欠ける
わけで、板バネとしての機能が十分に働
きません。扁平足がアーチのない平らな
足であるのに対し、ハイアーチはまったく
正反対の足です。

フットプリントを見比べると、足の縦アーチ
が高いので、接地面積が限られ、主に前
足部とカカト部で体重を受け止めていま
す。負荷が集中するために、足の裏の特
定の箇所に固い角質やタコができてしま
います。    





左のイラストと足の写真のような箇所
に硬いタコや角質ができるのがハイアー
チの特徴です。縦アーチが高いために、
いつも足底筋が縮んだままで、極めて疲
れやすく、たくさん歩いたり運動をすると、
足の裏がつるような痛みを感じます。

改善策としては、大きめの縦アーチサポー
トで、前足部とカカトだけに掛かる荷重を
分散して、足底部でも受け止めるようにし
ます。これで足底筋への負担を少なくして
痛みや疲労感を軽減させるのです。

また、縦アーチが伸びるようなストレッチ
運動をするのも効果的です。一例として、
つま先立ちを繰り返すストレッチが簡単に
できて良いでしょう。
硬い角質やタコはドイツ式フットケアで
お手入れすると良いでしょう。

また、足をサポートするインソールと組み
合わせて、角質やタコが出来にくい足にし
ましょう。




無料アクセス解析

有限会社ロビンフット
神奈川県横浜市緑区長津田4−2−17
045-989-4807

Copyright(C)2009 RobinFoot Nagatsuta.All Rights Reserved.