膝の痛み   腰痛






左の図のようにカカトが内側(体の中心
に向かう)に傾くことを踵骨(しょうこつ)の
内反と言います。

踵骨が内反すると、足首が足の外側に倒
れ、脚がO脚になって開いてしまいます。


靴を履くと外くるぶしが当たってしまうとい
う場合、踵骨の内反が原因であることがあ
ります。

また、足首を外側に捻りやすい(捻挫し易
い)ということも、踵骨の内反が原因で起こ
る場合があります。






左の図のようなO脚になると、膝が体
の外側へ開くため、膝関節の内側に荷重
が掛かり、内側の軟骨(半月版)を磨耗さ
せて変形性膝関節症を引き起こします。

両膝の内側が痛み、足の小指が内反小指
(ないはんしょうし)を起こしたり、小指の付
け根が外反母趾のように腫れることもあり
ます。また、捻挫しやすくなったりします。


たかがO脚と軽視せずに、歩くと膝に痛み
を感じる方は、踵骨が内反していないかど
うかをチェックしてみるとよいでしょう。





これは、変形性膝関節症の方の膝の
レントゲン写真です。

丸印で示した部分の膝関節の内側に隙間
がなくり、骨と骨とが接触しているのが分
かるでしょうか?。

膝の内側の半月板が磨耗したため、外側
に見られるような隙間がなくなっているの
が分かります。これが膝の内側に痛みを
感じる原因なのです。


対応策として足底の外側を持ち上げて、脚
が開かないようにする「アウターウェッジ」
という補正で、膝の痛みを軽減することが
できます。





人の体は完全に左右対称ではありま
せん。腕や足の長さ、大きさも微妙に違い
ます。ところが、その差があまりに違うと、
トラブルの原因となります。例えば、腰痛
の原因として脚長差が考えられます。脚長
差とは、脚の長さの違いのことですが、脚
部の骨折や股関節の脱臼等による脚長差
と、歩き癖や偏った姿勢による、脚の骨格
や骨盤が傾斜して起こる脚長差とがありま

す。脚長差が起きると、長い足の方に負担
が掛かり過ぎたり、腰痛になることが知ら
れています。

対応策として、短い足の靴に高さを加えて
バランスをとる方法があります。
右足が短い方のために加工された補
正靴です。

高さを加工した靴底には、つま先を地面に
引っ掛かけないように、適度な反り上がり
(ロッカーソールの手法)を施してありま
す。





無料アクセス解析

有限会社ロビンフット
神奈川県横浜市緑区長津田4−2−17
045-989-4807

Copyright(C)2009 RobinFoot Nagatsuta.All Rights Reserved.